Q&A

Q1.どんな建物がサービス対象?

共同住宅と一戸建てです。管理会社・建築会社様や個人オーナー様が管理されている物件が対象となります。
テナントや月極駐車場の件は状況に応じご相談させて下さい。

Q2.任せるとどんなサービスを受けられる?

オーナー様・管理会社様におかれては、営業時間外の入電が激減することで負担が減ります。更に、他社と比較してのサービス面の差別化が図れます。ご入居者様におかれては、急ぎの用件を伝えることでトラブル解決や翌日への申し送りをしてもらえるというメリットがあります。

Q3.時間外対応を完全に手放しできるの?

そういった訳ではありません。時にはイレギュラーな事例で私どもが判断に困るケースもあります。ごく稀ではありますが、その場合のみご相談の連絡をさせて頂きます。
ご契約のお客様からは「つまらない問い合わせ電話が無くなったので深夜の問い合わせは激減した」とのお言葉を頂戴しています。

Q4.対処方針を教えて下さい。

設備トラブルは電話でご入居者に協力を頂き、できる限り復旧へと導く。
「必ずしも即時必要ではない対処=無意味な出費」は避けるよう常に配慮する。
必要な場合は出動する。

このページのTOPへ

Q5.どんな場合に出動してくれるの?

実際の即時現場対処を行うものは、全戸断水・盗難被害時ガラス修理・その他状況に応じ必要と思われるものに限っています。

Q6.既に付き合いのある現場対処ができる業者がいるが?

連絡先等の資料を頂ければ、その業者様へ緊急時の出動要請をいたします。

Q7.他のコールセンターと何が違うの?

住宅のコールセンターとひと言で言っても、大手管理会社の関連、警備会社、種々のコールセンターを兼任する会社、といった様々な会社があります。弊社はこのどれにも属しません。住宅管理業務に特化しています。

他の形態のコールセンターの特徴はこちらをご参照ください。
私どもが御提供しているサービスにより得られるメリットは以下の通りです。

  • 建物保全の意味で必要な場合のみ出動するので、無駄な出動経費を抑えられる。
  • 打ち合わせにより、出動するための判断基準を共有できる。
  • 必要な場合は出動し、その際は現場処理が出来る者を派遣するため二次トラブルを防げる。
  • 事前打ち合わせを充分に行う事で一定の事柄については弊社内で判断できる。その結果、オーナー様や管理会社様のプライベートな時間を大切に出来る。
  • 「とりあえず聞くだけで翌日への申し送り前提」、という姿勢ではなく「電話の案内で可能な案件は出来るだけ復旧に繋げるための対処サービス」が含まれている。

このページのTOPへ